その理由は?
  • POINT01 保険会社=加害者です。任せっきりにしていませんか?
  • POINT02 後遺障害の等級が1つ違うだけで数百万円の差が出ます!
  • POINT03 保険会社の示談金の基準は弁護士の基準と大きく違う!
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

交通事故に関するよくあるご質問と回答を並べました。

交通事故に関するよくあるご質問

着手金の分割払いは可能でしょうか?

本来は着手金の全額をお支払いただくまで業務をおこなうことはできません。
但し、交通事故の被害者の方々は休業損害を打ち切られたりして、目の前の生活に大変お困りの方も多いと思いますので、分割や後払いのご相談に乗らせて頂きます。また、お客様が契約されている任意保険に 『弁護士特約』がつていましたら、保険で着手金を支払うことができます。

トータルサポートにも『弁護士特約』が使えますか?

保険の取り扱いについては、保険会社ごとに異なります。
現在、多くの保険会社から認めて頂いておりますが、いくつかの保険会社は部分的な支払いしかされません。また今後もどのような流れになっていくのか予測が難しいと思われますので、その都度ご相談頂ければと思います。

保険会社からの治療費が打ち切り。どうしたらいいのでしょうか?

本来、被害者の治療期間を加害者が決めるというのは非常識なことです。
しかし、ほとんどの加害保険会社は実際に治療費を打ち切ってきます。ここで治療を中止してしまっては加害保険会社の「思うつぼ」になってしまいますので、健康保険に切り替えて何とか治療を続けてほしいです。詳しくはご相談下さい。

相手の賠償額が低すぎると思うのですが、示談すべきなのでしょうか?

相手の保険会社から提示される損害賠償金は、通常の金額より少ないケースが多いです。
保険会社から提示された金額で取り交わしてしまったらその後の変更は出来ません。ですので、損害賠償金に納得ができなければ交渉すべきでしょう。損をしないためにもご相談頂ければと思います。

示談後、事故の後遺症が出てきたのですがどうしたらよいでしょうか?

原則、賠償額が確定し取り交わした後では、請求内容の変更はできません。
しかし、確定後に後遺症が発症した場合は、再度、賠償額の見直しがおこなわれます。また、示談金額が著しく低額なども、示談の全部または一部が見直されたケースがございます。

専業主婦でも休業損害をもらうことは可能でしょうか?

家事従業者として休業損害が認められます。
おおむね全女性の平均年収を基準として計算されます。現在では350万円くらいでしょうか?兼業主婦の場合は、主婦業以外の収入と比較し、高いほうの収入で算出します。

私の周りでは大きな賠償額をもらったという話を聞いたことがないのですが本当にそんなに賠償してもらえるのでしょうか?

ご安心ください。
交通事故のほとんどのケースで専門家が介入することによって示談金は大きく変わります。また、事前に無料相談にて、どのくらいの効果が見込めるのかお見積もりいたしますし、それにかかる費用も細かくご説明します。

お願いしてからどのくらいの期間で決着がつきますか?

ケガの程度にもよりますが、症状固定ののち自賠責の請求に3ヶ月~6ヶ月。
(異議申立の回数でお時間が変わってきます)認定が出てから早くても2、3ヶ月は見て頂いた方が良いと思います。目の前の生活が苦しくなってしまい焦ってしまう気持ちもよく分かりますが、早期決着を望もうとすれば保険会社に足下を見られてしまいますので、出来たらじっくり構えて頂きたいと思います。

レントゲンには何も映っていないのですが、頸に痛みが残っています。このような状況でも後遺障害というお話になるのですか?

後遺障害の認定というものは医学的立証を必要とする法的手続きです。
後遺障害は、事故から半年以上治療を続けたにもかかわらず痛みや痺れ等の何らかの症状が残っていれば認定の可能性は十分にあります。ですからたとえ保険会社や主治医に「後遺障害は無理だよ」と否定的なことを言われても気にしないでまずはご相談ください。
アクセス

■住所
〒273-0011
千葉県船橋市湊町1-2-21
■営業時間
平日 9:00~18:00
047-431-6166

お問い合わせ 詳しくはこちら