その理由は?
  • POINT01 保険会社=加害者です。任せっきりにしていませんか?
  • POINT02 後遺障害の等級が1つ違うだけで数百万円の差が出ます!
  • POINT03 保険会社の示談金の基準は弁護士の基準と大きく違う!
HOME > 費用について

費用について

わかりやすい料金体系 行政書士と弁護士のトータルでの費用です

交通事故トータルサポート費用

特色1 後遺症が認定されなければ報酬金はゼロ

仮に医療サポートや後遺症獲得サポートによっても後遺症認定がされなかった場合、報酬金は無料です。

特色2 一律料金で上位等級の後遺症が認定されるほど割安
特色2 一律料金で上位等級の後遺症が認定されるほど割安のイメージ

通常の弁護士報酬基準と異なり、後遺症の等級認定が何級であっても報酬金は一律です。
そのため、上位等級が認定されるほど報酬は割安となります。
たとえば、後遺症12級が認定され、1000万円の賠償請求が認められた場合。
(旧)日弁連弁護士報酬基準によれば、着手金が経済的利益の5%+9万円+消費税であり、報酬金が経済的利益の10%+18万円+消費税ですので、着手金が61万9500円、報酬金が123万9000円となりますので、総額で185万8500円となります。
弁護士のみに依頼した場合であっても交通事故トータルサポートにくらべて33万3500円も高くなってしまいます。

特色3 弁護士と行政書士2人分のトータルでの費用で割安

弁護士に着手金を払って依頼したものの、後から色々な追加費用を請求されて困ってしまったという例もあります。交通事故トータルサポートであれば、弁護士や行政書士による下記の全ての活動が上記費用に含まれており、追加費用は一切ありません。

※ただし、裁判所の手続費用は実費としてかかります。

等級獲得のメリット

保険会社に任せっきりではございませんか?
後遺障害等級の認定によって、請求できる損害額も多くなります。また、損害項目が多くなれば、損害額も高くなります。

等級獲得のメリットはこちらです

弁護士費用が実質0円になる弁護士特約はご存知ですか?

弁護士費用が実質0円になる弁護士特約はご存知ですか?のイメージ

弁護士を立てる費用が無料になる弁護士特約についてご紹介いたします。
弁護士特約とは、互いに過失がある場合の被害部分についての交渉の代行で弁護士を雇います。
その弁護士を立てた場合の費用を負担してくれるのが、弁護士費用特約です。
「弁護士」費用特約という名前ですが、保険会社によっては行政書士費用も対象となります。

負担上限は「1回の対象事故につき、被保険者1名あたり300万円」までです。
交通事故トータルサポートの費用もこの負担上限の範囲内なので、この弁護士費用特約を利用することで保険会社が費用を全て負担してくれるのです。しかも、弁護士費用特約を利用しても保険料が上がってしまうことはなく、お客様に特に不利益は生じません。

ただし、必ずしも弁護士費用を負担して頂けるわけではございません。
使えないケースは以下のような場合となりますので、注意いたしましょう。
「信号待ちなどの停車中に後続車からの追突事故」は、追突された方には過失はありません。
追突をした相手が100%の過失となります。ですので、100%(10対0)のケースの場合は、保険を使って示談交渉することができません。

なお、保険会社の中には交通事故トータルサポートについて弁護士費用特約を利用することができない会社も存在しますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

アクセス

■住所
〒273-0011
千葉県船橋市湊町1-2-21
■営業時間
平日 9:00~18:00
047-431-6166

お問い合わせ 詳しくはこちら