その理由は?
  • POINT01 保険会社=加害者です。任せっきりにしていませんか?
  • POINT02 後遺障害の等級が1つ違うだけで数百万円の差が出ます!
  • POINT03 保険会社の示談金の基準は弁護士の基準と大きく違う!
HOME > 損害賠償について

損害賠償について

あなたの利益を最大に守るために保険会社からの示談金額が妥当なのかチェックをして認定基準の最大額で解決します!

損害賠償とは

大多数の方は、交通事故に遭うことは、初めてだと思います。
そのため、何を「基準」として適正な賠償金額を判断すればよいのかわからないのが通常です。
実はこの「基準」については”なにを””どれだけ”請求できるかは、自賠責保険、任意保険、裁判の3つの基準いずれかで判断します。

損害賠償とはのイメージ
自賠責保険基準

自賠法に定められた基準です。
国が定めた最低基準であり、3つの基準の中では一番低額の
基準となります。

任意保険の基準

任意保険会社が、定めた基準です。3つの基準の中間基準となります。
(※実際は自賠責保険基準とほぼ同じ数字が出てきます。)

裁判・弁護士基準

裁判所で用いられる基準です。3つの基準の中では一番高額の基準となります。
日弁連交通事故相談センターでも採用されている基準です。

なぜ、このように基準が違うのかと言いますと、その基準を用いるそれぞれの目的が異なるからなのです。
つまり、自賠責保険は事故の被害者に対して早期に最低限度の保証をすることに目的がありますのでどうしても低額の基準となってしまいます。
そして任意保険は建前としては裁判外での早期解決を図るためとの目的がありますが、実質的には保険会社も会社である以上営利追求を目的としていますので、その目的からすれば当然ながら低額の基準とならざるを得ません。
裁判での目的は金銭賠償の原則に基づき実質的な被害回復を図ることにありますので、適正(高額)な基準となります。

右へいくほど貰える金額が高くなります!! 自賠責保険基準 任意保険の基準 裁判・弁護士基準 保険会社からの示談金額が妥当なのかチェックして認定基準の最大額で解決します!
アクセス

■住所
〒273-0011
千葉県船橋市湊町1-2-21
■営業時間
平日 9:00~18:00
047-431-6166

お問い合わせ 詳しくはこちら