その理由は?
  • POINT01 保険会社=加害者です。任せっきりにしていませんか?
  • POINT02 後遺障害の等級が1つ違うだけで数百万円の差が出ます!
  • POINT03 保険会社の示談金の基準は弁護士の基準と大きく違う!
HOME > 解決事例集

解決事例集

等級を上げる専門家≪行政書士≫と無理難題を交渉する≪弁護士≫とタッグを組んでいるから出来るサポート!

Tさんの場合

事故当初ご相談を頂きまして、トータルサポートでのご契約をして頂きました。
当初、Tさんの加害者はとても誠意のない方で、「俺は悪くない。一切賠償しない。保険も使わせない。」と恫喝してきておりました。
しかし弁護士が加害者に接触すると、最初は少し抵抗しましたが、その後相手の態度は大きく変わり謝罪。
保険適用となります。
その一方で、行政書士が保険の適用されていない状況での病院の通い方や医師とのコミュニケーションの取り方などをアドバイスし、Tさんの心のケアを中心にサポートしていきます。
万一、後遺症が残ってしまったときに万全に立証できるよう準備していたため、後にしっかりと後遺障害14級9号が認定されました。
最後は弁護士が相手保険会社と交渉し、損害賠償額は500万円を超えての決着となりました。

その他の簡易事例

その他の簡易事例のイメージ
医師や専門家から無理と言われた
  • 事故当初からご相談を受け、医師からは「後遺障害は絶対無理!」と言われましたが、ご夫婦ともにむちうち14級9号が認定されました。
  • 他の事務所と契約したものの、医療的なサポートを何もしてくれずに「後遺障害は無理です」と言われ、示談決着を進められる。どうしても納得がいかないので当事務所に来所。
    前の事務所との契約を解除して頂きまして、トータルサポートで再契約。
    結果14級9号が認定され、裁判基準に近い決着に。
RSDで上位等級認定

4人もの弁護士に見放されたのち来所。難しい立証をクリアしてRSDで12級→7級に。

異議申立から認定へ
特殊な事例

後遺症とはいえないものの、様々な立証により保険会社から54万円が支払われる。
※こちらは一切無償でサポートさせて頂きました。

アクセス

■住所
〒273-0011
千葉県船橋市湊町1-2-21
■営業時間
平日 9:00~18:00
047-431-6166

お問い合わせ 詳しくはこちら